2016年05月16日

ブログを引越ししました。

長い間お世話になったブログですが、スマートフォンで広告が表示されて観にくいので、広告なしのブログにお引越ししましたm(__)m
引越し先はこちら⇒http://youjuku.jugem.jp/
posted by noriCo.....>> at 19:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

パソコンが壊れてしまいました('◇')ゞ

主に事務用に使っているパソコンが壊れてしまいました('◇')ゞ
壊れたといっても、CPUとハードディスクは正常。
CPUファンが壊れただけなんです。
要するに熱くなったCPUを冷却するファンが回らなくなっただけ。
メーカーに問い合わせたところ、ファンの在庫はあるけれど、修理に出してくださいとのこと。
なんと修理代が、メーカに送ると約3万、出張サービスで直してもらうと約4万
メーカーに送ると直して戻ってくるまでに3週間はかかるとのこと。
そして、調べたところ、同じようなスペックのパソコンが、なんと5万で買えるではありませんか
ノートパソコンを含めると、他にも5台のパソコンがあるのですが、NEWSやチラシを作っているイラストレーターや画像加工するフォトショップなど、グラフィックデザイン系のソフトをサクサク動くスペックのパソコンは事務用のパソコンだけ。
まぁ、だから、ファンがつぶれちゃったんでしょうけど、、、。
続けて、CPUやハードディスクが壊れてしまう可能性もあるし、新しいコンピュータに乗り換えることにしました

まぁ、昔に比べてハイスペックのパソコンが安く手に入るようになりましたよね
初めて、買ったパソコンは何と200万
しかも、今の1%の能力もなかったように思います。

そんなこんなで、ブログのお引越しの前に、パソコンのお引越し中。
ブログのお引越しは何時になることやら、、、。
お引越し先のブログはこちらです
posted by noriCo.....>> at 13:26| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ブログお引っ越しの手続き中(*^^)v

長らくお世話になったSeesaaBLOGですが、
携帯で見ると広告が出て読みづらいので、
ブログのお引っ越しを検討中

既に新しいブログを試験的に運用中。
どうも、お試しバージョンではやはり広告が出てしまうようです。
う〜ん、、、悩むなぁ〜
当面、両方使って比べてみようかな
祝賀会の様子は2、3日中にUPしますね〜

引っ越し予定のブログはこちら
posted by noriCo.....>> at 18:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | YOU NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

久々に100点満点特集!

ただ今、三者(塾・塾生・保護者)懇談会の真っただ中

優塾の懇談会では、塾生の各定期テストの点数を各学校の
各テストの度数分布表から順位を算出し、100人換算して
成績表にまとめて、その資料を参考に懇談をします
資料を作っていると、今年度も100点取得者がいましたね。

そこで、懇談中の中1生(新中2)中2生(新中3)
100点満点&99点特集
1学年15〜6名の少人数の塾ですが、なかなか健闘しています
中1編
1学期 中間 理科 100点 S.Oくん
1学期 中間 数学  99点 M.Kくん(理科、英語は98点)
1学期 期末 英語 100点 H.Sさん
2学期 中間 理科 100点 S.Oくん
学年末    英語  99点 M.Kくん

中2編
1学期 期末 社会 100点 M.Yさん
1学期 期末 社会 100点 U.Mくん
2学期 期末 数学 100点 M.Yくん
2学期 期末 理科 100点 M.Mくん

惜しくも99点×2のM.Kくん
100点はなかったものの、学年末は100人換算で学年1位
懇談でお母様は「これって、100人中1位ってことですか?」
ってその通りです
100人換算することで、平均点や度数分布の違う教科や各テスト、
違う中学校でも比較しやすくなります。
また、この時期に1年間の成績の推移を振り返り、評価と反省、
新学年に向けての指標を確認することによって、
塾生の春期講習会への取り組みや新年度を迎える心構えが違ってきます

そう、既に新中3生は、受験へ走り出しているんです
posted by noriCo.....>> at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習/成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

今年も私学、公立高校ともに全員合格しました!!!

今年度入試から大きく変わった大阪府立高校・大阪市立高校。
大阪公立高校入試の特徴であった前期日程・後期日程の選抜から
「一般選抜」へ原則一本化され、筆記試験も原則5教科になりました。
このことにより、今年度の傾向として
@ 大阪府の私学助成金を利用した私立専願希望者の増加。
A 公立高校受験希望者は志望校を合格圏内の高校へ
ワンランク落とす傾向が見られ、そのために反って、
中堅高校の競争率が高くなるなどの波乱がありました。
そんな中、
今年も私学、公立高校ともに全受験校全員合格しました!!!

週3回、5教科必須で頑張って来た成果ですね。

4月3日(日)は祝賀会を盛大に執り行います
合格校などの詳細は、追って報告しますね
posted by noriCo.....>> at 22:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

認めて伸ばす。

よく似た言葉に「ほめて伸ばす。」と言うのがありますが、
この言葉には落とし穴があります

それは、
「ほめられなければ伸びない」と言う事です。
というと
「認めて伸ばす。」も
「認められなければ伸びない。」んじゃないの?
って思われる方もいるかもしれません。

ほめることと、認めることはまったく違います。

たとえば、ほめ言葉
「よく出来ました。」「頑張ってるね。」「凄い凄い、こんな問題が出来たね。」
言葉では何とでも言えます。
与えられた言葉、つまり、ご褒美と一緒ですね。
ご褒美がもらえるから行う = 物質的な満足感と類似 =受動的

「認め言葉」というのは、なかなか思いつきませんね。
認めると言うのは、認める人間の意識が伴う、「精神的な行為」なのです。

指導者が結果を求めて一生懸命ほめたとして、結果が得られるうちはやる気になるかもしれません。
しかし、難問に遭遇したり、結果を得るために努力を要したりするようになると、途端にやる気が失せることは往々にしてあります。

極端かもしれませんが、最初はおもちゃの車で親の言う事を聞いていた子どもが
高級車を与えてくれない親には見向きもしなくなるようなものです。

もちろん、ほめることも大切なことです。
大概の人は、自分の行為に対して結果が得られたときに満足感を感じます。
そして、その満足感に言葉が伴ったときに「ほめられた。」と実感します。

「認めて伸びる。」と言うのは、他人ではなく、その人自身が自分を認めるこ出来た時
成長すると言う事ではないでしょうか?

良き指導者は、上手にほめることができる人ではなく、
色々な個性の人の結果を出せるように導くことが出来る人だと思います。
posted by noriCo.....>> at 12:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習/成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

◆定期テスト復習講座開講◆

◆外部生対象無料講座のご案内◆
テストは”やりっぱなし”じゃダメ!
優塾では定期テスト復習講座を行っています。
定期テストの結果を振り返ることで、個々の問題点を見つけて今後の学習のアドバイスを行います。(一日完結)
※ 対象:瑞光中学生、新東淀中学生(実施問題が把握できる中学校)
※ 直近の定期テストの受講者の解答用紙が必要です。
※ 教科は5教科ですが、希望の教科のみでも可能。
※ 秘密厳守、入塾を強要することはありません。
※ 申し込みはお電話(0120-54-3759)かこちらのフォームから必ずメールアドレスか連絡先を書いてください。
スマートフォンご利用の方はフォームの確認画面が文字化けするようでしたら、
お電話か、メールで受講希望と学年氏名連絡先を明記して送信してください。
posted by noriCo.....>> at 18:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾生募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

優塾で学んだ感想をまとめてみました。

ここ2~3年に寄せていただいた感想のリンク集です。
去年いただいている感想もたくさんありますので、
出来るだけ早くUPしますね(^_^;)
感想1.jpeg
優塾で学んだ感想2014年度編AB

優塾で学んだ感想2014年度編@

優塾で学んだ感想2013年度編D

優塾で学んだ感想2013年度編C

優塾で学んだ感想2013年度編B

優塾で学んだ感想2013年度編A

優塾で学んだ感想2013年度編@

リンク集でわずらわしいかもしれませんが、
ご一読いただければ幸いです<(_ _)>
posted by noriCo.....>> at 15:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 優塾で学んだ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

合格速報!

合格.jpg
清風高校(文理・専願1)・関大北陽(文理・専願1)
金光大阪(進学・特進・併願3)・成蹊(キャリア特進特待・専願1)
英真学園(併願1)・産大付属(進学・併願1)
大阪高校(総合・専願1併願1)(文理特進特待・専願2併願1)
追手門学院大手前(進学・専願1)・箕面自由(併願1)
追手門学院(併願1)

※ 地元で人気の関大北陽高校は、中学からの内部進学者が多く、又、関西大学への進学率の高さから年々難易度が高くなっています。 
今年度は120名の外部募集者に対して200名を超える受験希望者があり、瑞光中学から受験合格したのは優塾生1名のみでした
又、同じく地元の大阪成蹊、大阪高校は自転車通学が可能で、大阪成蹊キャリア特進特待は入学金免除、大阪高校文理特進特待生は入学金免除の上、制服代も支給されると言うことで、毎年、地元からたくさん受験しています。
今年は併願で受験して特待を貰えたので、そのまま入学を決定した塾生もいました。

合格発表18(金) 祝賀会 4/3(日)公立高校入学試験 3/10(木)
posted by noriCo.....>> at 14:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

最近のお問い合わせから

Q:少人数制と言う事ですが、何人が定員なのですか?

A : 一クラス15〜16人を目安にしています。休んでしまったり、教科や単元によって、習熟度に差が出た時は随時クラスを分け、さらに少人数で指導します。
又、中学生は定期テスト前になると、中学別のクラス編成になります。
小学生は、週1日は集団授業ですが、もう一日は個別対応で、集団授業で学習した内容をしっかりと習得していきます。

最近、個別塾が珍しくなくなり、15〜6人と言うと多いように思われがちですが、
実は、勉強に関わらず小人数で切磋琢磨する方が力は付きます。

負けず嫌いのお子さんは、ライバルに勝とうとやる気が高まります。
競争心があまりないお子さんは、友達といっしょに勉強することで安心感が得られます。
入試が近づいてくると、気持ちが不安定になりがちです。
そんなとき「塾友」の存在は大きいです。
個別で勉強していると、おのずと視野が狭くなりがちになります。
学校外で友達と各定期テストや入試に向けて頑張ることが持続力にも繋がります。

下記のリンクは個別授業に関する最近の記事です。
是非、参考にしてみてください。
個別授業の難しさ
よくわかるのに成績が伸びない?!



Q:中学生です。途中からの入塾で大丈夫でしょうか?

A:まず、二週間無料の体験学習を受講していただき習熟度を確認させていただきます。
集団授業の進度にもよりますが、最初の1ヶ月程度は、習熟度に満たないところを集中的に補講してから、無理なく集団授業に入れるようにしています。
又、集団授業に入った後も、サポートの講師が付いてフォローしますのでご安心ください。
成績が不安で入塾される子どもさんのほとんどが3カ月ほどで慣れてこられます。

※ 但し、クラスの人数やサポートの講師の状況で指導が困難と判断した場合はお断りする場合があります。無責任な引き受けはいたしませんのでご了承ください。

Q:中学生は週3回とありますが、3回とも受講しなければいけないのですか?

A : はい。週3回の授業の中で数学、英語、理科、社会をバランスよく行います。
1日二講(数学か理科)+(英語か社会)×三日です。
又、講師の判断で国語を含め、1日2〜5教科行う事もあります。
定期テスト前には土日授業を行い十分に演習問題を行います。
五教科受けていただくのは、数学、英語でせっかく良い点数が取れていても、
理科、社会の点数が振るわないと、五教科の合計点が低くなるからです。
内申点は五教科(全教科)で点数化されます。
2016年度の中1生からは、すべての学年の内申点が公立高校の調査票に記されます。
優塾では開塾以来『内申点をしっかり確保すること』を重視してきました。
出来るだけ効率よく授業を進めていますが、基本的な事柄から、応用までしっかり習得するためには、それだけの授業数は必要なのです。


Q:宿題は多いのでしょうか?

A : 優塾では過半数の塾生がクラブ活動を行っています。
そして週3回の通塾です。
塾で一律に強制的に宿題を出すことは子ども達の負担になるだけではなく、意欲を低下させたり、学校の宿題が疎かになるなどデメリットもあります。
そこで優塾では、出来るだけ週3回の通塾の中で効率よく学習し習熟可能な教材を厳選しています。
又、この教材は自分で予習復習が可能になっていますので、自宅学習が可能な塾生は何度も予習復習することが出来ます。
学習した内容が学校のテストでも多く出題されるため、自主的に学習する塾生も多く、成果を上げています。
このテキストを含め、定期テスト対策や補足のプリント、設備費や塾保険費用すべて、年度初めにいただく年間テキスト代に含まれています。費用はこちらをご覧ください。


Q:小学生のスケジュール表(時間割表)の見方が分かりません。

A : 小学5,6年生は、週2回の授業日です。週1日は火曜日の4時45分から一斉授業(集団授業)を行います。もう一日は一斉授業で行った内容の演習を個別で行います。水曜日、木曜日、金曜日から選択して5時位までに来て下さい。個別指導の日はその日のカリキュラムが終われば終了です。(習熟度によって学習時間が異なります。)

Q : 授業料を教えてください。授業料のほかに模擬テスト代など諸費用は必要ですか?

A : 費用はこちらをご覧ください。毎月の授業料のほかに各講習費用、年間テキスト代をいただいております。記載されている以外の定期テスト対策の費用や模擬テスト代、設備費等をいただくことはありません。又、途中入塾の場合、年間テキスト代は月割りになります。

Q : 各講習会は受けなければいけませんか?

A : 基本的には受講していただいています。それは、講習会を含めて年間のカリキュラムを受講することで成績を維持向上することをお約束しているからです。優塾では短期集中型の講習会ではなく、長期充実型の講習会で講習費用も時間割にすると、どこよりもお安くさせていただいております。又、定期テスト対策などの講習会は授業料に含まれております。費用はこちらをご覧ください。

Q : 兄弟姉妹割引があると聞きました。

A : はい。二人目以降のごきょうだいは授業料、教材費共にすべて3割引きになります。又、小学校から半年以上在籍された方は、中学からの授業料が5%引きになります。

Q : 塾代助成金は利用できますか?

A : はい。等塾は大阪市塾代助成事業の参画事業者ですので、塾代助成カードをご利用いただけます。

Q : 優塾は内申点を重視していると聞きましたが、難易度が高い高校ほど内申よりも当日の試験が重視されるのではないでしょうか?

A : 確かに、難易度が高い高校ほど当日の入学試験が重視されることは事実です。ところが、内申点が悪ければ、中学校の協議で希望の高校を受験させてもらえないこともあります。特に私学は各中学に受験枠を設けているところが多く、人気のある私学は専願、併願に関わらず受験さえさせてもらえないこともあるのです。
あくまでも、基本は学校での学習です。それを疎かにすると、たとえ合格することが出来ても、入学してから困ることになるのは、子どもたち自身です。


Q : 転塾を考えています。

A : これもよくあるご相談です。
転塾を考える理由はそれぞれに違うと思います。
『他塾に通っているが成績が伸びない。』
どれくらい通われていたのか、週に何時間通われているのかにもよりますが、まず考えられることは、テキストが子どもさんのレベルに合っていないと言うことです。勿論、すべての子どもに合うテキストはなかなかありません。それでも、子どものレベルに応じたテキストを選択し、さらにそのテキストの不足を補うプリント類で演習してあげれば、まったく的外れな学習を行っていない限り、成績が上がらないという事は考えにくいです。一度、塾で行っているテキストをチェックしてみてはいかがでしょうか?あと、子どもさんに何らかの悩みや不安がないかよく観察してあげることも大切だと思います。

『塾に通い始めて一時的に成績が上がったが伸び悩んでいる。』
これもよくあるご相談です。一時的に成績が伸びたという事は、まったく子どもに合っていない塾ではないようです。そして、成績は塾に通ったからと言って右肩上がりにどんどん上がっていく性質のものではありません。しかし、考えられるのは@根本的な基礎学力又は学習時間の不足。A学校の学習は否応なしに進んでいきますし、難易度も上がっていきます。学校の進度と難易度についていけるカリキュラムではない。B不安や悩み、子どもさんに学習に集中できない環境にある。などです。

いずれにしても、転塾の理由と原因、目的をしっかり把握してからの転塾でないと、塾を転々とし貴重な時間とお金を無駄にすることになりかねないので注意が必要です。


お問い合わせの多い順に順次アップいたします。
posted by noriCo.....>> at 16:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾生募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。