2014年01月27日

よくわかるのに、成績が伸びない?!

「個別指導で、子どものわからないところをしっかり教えてもらっているはずなのに、成績が伸びない。」

個別指導に通われて居る方(通われていた方)からよく受けるご相談です。
個別指導のいいところは、生徒の希望する日時で、個々に応じた指導を行ってくれるところです。
これは、裏返せば、希望する時間内に生徒のわからないところを教えるだけになりがちだということです。

当たり前のことですが、テストで80点を取るためには、その教科のテスト範囲の少なくとも80%は理解ができて、80%正解しなければなりません。

1時間かけて、分からないところを教えてもらって、分かるようになった!!!
でも、それがどれだけ次のテストに反映するのか、それは、生徒自身では分からないでしょう。
指導者が未熟な場合、指導者ですら分かっていないことが多々あります。

また、個別指導では、他の生徒がどれ位学習していて、自分が、どの程度習熟しているのか比べようがないため、分かるようになった!と思って臨んだテストの結果を見て愕然とすることが多々あるようです。
これではせっかくついた自信や意欲も持続しませんよね。

少なくとも、個別指導を受ける際には、
@ 生徒の現状の各教科の学力をよく知る必要があります。
これは、かなり熟練した塾講師でも難しい作業です。

A 次に、生徒の短期的な目標、長期的な目標や希望を聞き、
その生徒に必要な時間や期間を見極める必要があります。

B その生徒に指導可能な時間、期間内に出来るカリキュラムを決め、
優先順位をつけていきます。
たとえば、短期的には定期テストが近ければ、まず、予想されるテスト範囲から得点可能な事柄から指導を行い、定期テストに備えます。
長期的には、生徒の根本的に習熟していないところを補っていきます。
基礎の部分で躓いていると、定期テストで点数が取れるようになっても、なかなか実力がつかず、学力の向上=目標達成には繋がらないからです。

優塾では、新入塾生は必要に応じてこの@〜Bの個別指導を経て、集団授業を受講していただくようにしています。(特に中学生)生徒の理解の早さや習熟度、最終的な目標によって、個別指導の期間が違いますが、長くても3カ月を目安に一斉授業を受講できるように指導しています。
また、集団授業に入ってからも、補助講師がついてフォローしています。
(個別授業が必要でないと判断した場合は一斉授業を受講していただきます。)

これは、27年間子どもたちを指導してきて、一番効率よく効果のある方法だと確信が持てるからです。

もし、個別塾に通っているのに成績が伸びないと言うお悩みの方がおられれば、ご相談を受け付けておりますので、お気軽にメールやお電話でご相談ください。その他の学習相談もお受けしています。
入塾を強制することはありませんので、ご安心ください。

メールアドレス you@you.gr.jp
お電話 0120-54-3759 
お電話でのご相談は、午前10時〜午後3時までにお願いします。
posted by noriCo.....>> at 11:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習/成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

どんだけぇ〜?!

"古"って突っ込まれそうですが、
2時半からの授業に、12時半から来るのは早すぎでしょわーい(嬉しい顔)

冬休みは、色々と予定の多い小学生
特に4年生はお稽古事を掛け持ちする塾生が居るので、予めカリキュラムをカリキュラムボードに書いておいて、「(丸付け間違い直しを含め)出来た子から帰って良し。」としたところ、段々来るのが早くなって、一番乗りは12時半あせあせ(飛び散る汗)
まだ、カリキュラムも書いてないしダッシュ(走り出すさま)

時間通り来て、マイペースにカリキュラムをこなす子も居てるので、最近の一講義の指導時間は4時間を超えますあせあせ(飛び散る汗)
(アルバイト講師だったら赤字だよ〜)(笑)

小学生の高学年でも、個別対応の授業の日は、「早く行って早く終わらせて帰ろう!」という塾生が多いですわーい(嬉しい顔)

だけど「早く行こう!」と思って来てくれるのは、「塾の時間だし、行かなきゃな〜。」って思って来るよりいいことだと思います決定
事実、早く来て早く帰りたい子は、集中して一生懸命に課題に取り組んでくれますハートたち(複数ハート)

ちなみに、通常の小学4年生のカリキュラムは計算ドリル、算数ワーク、国語ワーク、漢字ドリル、復習漢字。
でも、カリキュラムが終わらないと帰れないので、時々、途中ですねちゃう子も居るんですけどね〜ふらふら

そこは、叱咤激励しながら、今年もがんばっていきたいと思います手(チョキ)

受験生は、ラストスパートexclamation×2
教室には半端ないくらい緊張感が漂っていますが、悔いの残らないように今出来る最大限のことを効率よく粛々と行うのみパンチ

共にがんばって行きましょうexclamation×2
posted by noriCo.....>> at 14:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。